クレジットカード犯罪

クレジットカードを悪用するにはクレジットカードの情報を収集する必要があります。
その為、2015年現在では様々な手口でクレジットカードの情報を盗み取ろうと犯罪者が目を光らせています。
中には知らなければ防ぐ事ができない犯罪手口がありますので、ここで紹介させて頂きます。

クレジットカードの犯罪でもっとも有名なのは「スキミング」です。
スキミングとは、カードの電子情報を盗む手法で、クレジットカードを専用のスキミング機械でカード情報を盗み取ります。
このスキミングの被害にあいやすいのは、お店で買い物をした場合や、カードを持ったまま店の奥に行ったり、カード利用者の死角で持っているカード機械に通します。

カード自体を盗まないので非常に盗難の事実に気付きにくいのが特長です。
次に多いのが「フィッシング詐欺」です。
フィッシング詐欺とは、ブランド品などの偽物のホームページを作成して、購入させる際に、クレジットカードの情報を入力させるのが目的になります。
ブランド品が格安で購入できるので、騙された人は簡単にクレジット情報を入力してしまう方が増えて来ています。

また漫画喫茶や、図書館など不特定多数の人が使用されているパソコンなどに「キーロガー」といウィルスを潜ませクレジットカードの情報を盗ませる犯罪もあります。
これは、キーボードの入力を監視して、その情報を送信するソフトのことで本物のサイトでクレジットカード情報を入力する時に盗まれてしまいます。
このようにクレジットカードの情報を悪用される可能性はありますので、しっかり注意しておく必要があります。
そこでこのサイトでは、クレジットカードの悪用についての情報を紹介させて頂きます。